自立しすぎた女性

スペックが高いと言うと、いわゆる男性の三高を連想する人が多いでしょう。
しかし女性の社会進出が一般化してきた現代においては、個人の能力や周囲からの評判が高いのは男性だけではありません。
スペックが高いといわれる女性も沢山存在しています。
では、スペックの高い女性とは一体どのような人を指すのでしょうか。

例えば有名なトップレベルの大学を卒業していたり、医師や弁護士などの国家資格を持っていたり、学歴や職業を聞いただけで能力の高い印象を受けることもあるでしょう。
美人で頭も良ければ、「逆玉の輿」などと言われるように将来を安泰に過ごしたい男性から一層好まれることも少なくないはずです。
または会社で優秀な成績を収めていたり、若くして男性顔負けの出世スピードを誇っていたり、明らかに人より仕事のできる女性を示す場合もあります。

実際に社会に出てからも優秀に活躍の幅を広げている頭のいい女性はどんどん増えてきています。
外に出て働くようになってみれば、そう言った輝かしい女性達との出会いに遭遇するチャンスが男性にも増えるでしょう。
しかし逆玉の輿狙いの男性でない場合、中にはスペックの高い女性に嫉妬心に近い感情を抱く男性もいるのではないでしょうか。
恋愛の面で見た場合には、特に優秀な女性だからこそ「自分には振り向いてくれないだろう」と思ってしまったり、憧れが強すぎて恋愛対象というよりライバル関係に落ち着いてしまったりすることもあるはずです。

それが実際に対面して果たす出会いではなく、出会いアプリのようにネット上で知り合う場合はどうでしょうか。
相手の女性が高学歴で収入も良く、メッセージのやり取りから高い知性を感じた場合、引き気味になってしまう男性は少なくないかもしれません。
現実でもアプリ上でも、あまりに出来すぎた女性を少々敬遠してしまう男性は意外にも多いものです。

しかし、かといって女性が自らのスペックを隠し、出会いの際に自分を偽らなくてはいけないのもおかしな話です。
いつもの我を少しばかり抑え、自らの良さや価値を示すより男性を立てることが重要です。
アプリでの出会いであれば最初はメールのやり取りから始まるでしょう。
言葉に優しさを忘れず相手を気遣えば、直接会いたいと思われる女性になれるはずです。